1. TOP
  2. 素材について

素材について

 

フルーツベジタブルカービングに使われる素材の選び方や保存、その後についてのご紹介です。ご参考になれば幸いです。(素材の入手先例は関東です。)

 

******

フルーツや野菜は、観賞、写真撮影後、切り口は切り取り中身をいただきます。新鮮なものはそのままいただきます。

ピクルスやお漬物にする際は一度湯がいて(熱湯消毒して)から漬け込みます。

 

   


メロン(ハネデュー、キンショー、ネット系)

にお店に並び始める。形が丸く硬く新しいものを選ぶ。網目の入った種類は網の部分がかたいのでナイフ使いに気を付ける。

カービング後は、ラップをして冷蔵庫で保存。香りが出てきて、お尻の部分を押すと少し弾力があるくらいが食べ頃。

 


黄パパイヤ

初夏にお店に並び始める。皮がみずみずしく硬くハリのあるものを選ぶ。身は柔らかくカービングしやすい。

カービング後は、ラップをして冷蔵庫で保存。少し柔らかいくらいが食べ頃。お好みで、ハチミツやメープルシロップをかけて。

 


小玉スイカ

初夏にお店に並び始める。形が丸く縞模様が濃いものがおすすめ。ヘタの部分の切り口が新しいものを選ぶ。

カービング後は、ラップをして冷蔵庫で保存。なるべく早めに食べる。

 


スイカ

晩夏にお店に並ぶ。冬に出回るハウス栽培のものは、ひびが入りやすいので注意。形が丸く縞模様が濃いものがおすすめ。ヘタの部分の切り口が新しいものを選ぶ。

カービング後は、ラップをして冷蔵庫で保存。なるべく早めに食べる。大玉スイカは一口大にカットし保存しておくと食べやすいです。

 


青パパイヤ

が旬。(最近では関東でも通年出回る様子。)形が丸いものと、細長いものがあるので、デザインにより選ぶ。皮がみずみずしくハリがあり新しいものを選ぶ。

カービングする際は切り口からミルク色の液が出るため、初めに全体を刃先でつつきミルクを出し切ってから使う。

カービング後は、ラップをして冷蔵庫で保存。味は淡泊なのでなんにでもあうが、歯ごたえがある。千切りにし調理すると食べやすい。サラダや炒め物に。

 


ズッキーニ

が旬。ヘタがみずみずしく、皮にハリとツヤがあり、濃い色のものがおすすめ。きゅうりの様な細長いものがよくお店に並ぶが、形が丸いものもある。ラップをし冷蔵庫で保存。

早めにカービングし、早めに調理する。

 


コリンキー

が旬のカボチャ。形が丸く均一なものを選ぶ。柔らかいので力が無くても彫りやすいカボチャです。ラップをして野菜室で保存すると長持ちする。

カービング後は、ラップをして冷蔵庫に保存。みずみずしいカボチャなので、そのまま生でサラダがおすすめ。お漬物や、ピクルスにも向いています。

 


冬瓜

にお店に並ぶ。冷暗所で長期保存できるが、日が経つにつれ皮が堅くなるので注意。

中身をくりぬいてからカービングすると軽くなって彫りやすい。

日持ちするのでランタンに最適です。100均などで売っているLEDキャンドル型ライトを入れて。ロウソクを入れる場合は上下に穴をあけて。

カービング後は、ラップをして冷蔵庫で保存。味は淡泊なのでなんにでもあうが、下茹でしてから調理するとよい。煮物、味噌汁、おでんなどに。炒めもの、カレーにもあいます。

 


カボチャ(カボチャ、バターナッツ)

にお店に並ぶ。丸ごと冷暗所で長期保存できるが、日が経つにつれ皮が堅くなるので注意。カットしたら、種とワタを取り除いてからラップをして冷蔵庫で保存。

カービング後は、ラップをして冷蔵庫で保存。バターナッツはポタージュや味噌汁に。

バターナッツは産直や道の駅ではよく並びますが、珍しいカボチャです。大型スーパーやデパ地下でも時々見かけます。

 


りんご

が旬。形が丸く均一で全体に色が回っているものを選ぶ。ハリがありずっしり重く、軸が太くピンとしているものがおすすめ。そのまま野菜室で保存すると長持ちする。

カービング後は、切り口に塩水をつけ、ラップをして冷蔵庫で保存。なるべく早めに食べる。

 


大根

通年あるがが旬。葉つきのものは、根と切り離してから保存する。切り出しの花には、上から下まで太さが均一で寸胴なものがおすすめ。ラップをして野菜室で保存すると長持ちする。

カービング後は水分を与えラップをするか、水につけて冷蔵庫で保存。なるべく早めに調理する。

 


人参

通年あるがが旬。上部の切り口が新鮮なものを選ぶ。身が堅く滑りやすいためナイフ使いに注意する。ビニール袋に入れ野菜室で保存。

カービング後は水分を与えラップをするか、水につけて冷蔵庫で保存。なるべく早めに調理する。

 


紅芯大根、紅くるり大根、紅しぐれ大根

大型スーパーやデパ地下、産直、道の駅などでに並び始める。葉付きのものは、根と切り離してから保存する。ラップをして野菜室で保存すると長持ちする。

カービング後は、切り口に酢水をつけると色鮮やかになる。ラップをして冷蔵庫で保存。そのまま生でサラダでもおいしいが、お漬物や、ピクルスにも向いています。